FX初心者でも安心のFX入門

FX初心者でも安心のFX入門

資産運用には外国為替証拠金取引が最適だと考える理由。

なんとなく誰でも理解できるような気がいたしますが、投資というもので資産運用を考えたとき、その方法というものはいくつもございますが、いったいどれがもっとも効率よく利益を出して行けるのだろうか、と考える方は多いでしょうね。やっぱり、投資なんだから利益は常時出た方がいいに決まってますから。

 

投資には株取引を始め、先物取引、あるいは不動産など、思いつくのはいろいろとありますが、やり続けることで比較的に利益を出しやすい投資というものは確かにございます。それは今もっとも流行っているFX取引というものなんです。一般家庭の主婦の方やサラリーマンの方、または学生さんやお年寄りに大人気なんですね。

 

このFX取引の仕組みってものは、ものすごく簡単なんです。だから誰でもできる。かいつまんで説明いたしますと、二つの異なる通貨を売買して、それで利益を出して行く。つまるところ、通貨の価値が上がるか下がるか、それを予測するだけんんですね。この取引は通貨をFX会社を通して売買して取引するんです。

 

通貨の価値が上がるか下がるかを予想するなんて、そんなこと難しいんじゃないか、と思われるかもしれませんね。でも、もっと単純に考えれば、たとえば海外旅行に行くときのことを思い浮かべればいいと思います。海外旅行へ行くときには、空港で現地の通貨を買いますよね。通貨の価値によっては得することも損することもある。そんなイメージなんです。

 

FXのメリットとして考えられるのは、やっぱり誰にでもすぐに手を出せることや、少ない資金で始めることができること、そして比較的に利益を出していけることなどでございます。これは知識や経験にもよるんですが、継続的に取引を経験していき、そこでしっかりと知識をつけていけば、常時利益を出すことも充分に可能なんですね。

 

将来的な不安を解消するには、やっぱり資産運用というものは必要になるものでしょう。そして、その主婦向けの資産運用には、FX取引が最適なんじゃないでしょうか。

 

 

自己資金が数百円などでランドでの売買をする事もできるFX

 

投資では、まとまった初期費用が必要とよく言われます。実際不動産投資などでは、確かにまとまったお金は必要になるのですね。数十万円ほど必要な不動産投資の商品なども、珍しくありません。
ところでFXも投資の商品の1つに該当しますが、それは不動産投資よりは少ない資金で売買ができる一面があります。もちろんそれには、理由があります。
一番リーズナブルな金額で売買ができると考えられる、南アフリカランドを考えてみましょう。現時点での南アフリカランドの金額ですが、1ランドにつき10円前後という状況になっています。厳密に言えば、9.9円から10円の間で動いている状況ですね。
そして1万ランドを購入するために必要なお金は、本来は10万円位でしょう。しかしそれは、レバレッジが1倍での話になります。実際にはその倍数が働く事によって、もっと少ない資金で売買をする事ができるのですね。
上記の10万という数字を25で割りますと、4,000円という数字が算出されます。つまりそれがランドで売買をする時に必要な、資金なのですね。
ところでランドは、もっと少ない枚数で売買をする事ができます。上記の事例はあくまでも1万なのですが、実際には1,000枚などで売買をする事も可能のですね。1,000枚での売買の場合は、もちろん400円になります。
前述のように不動産投資の場合は数十万円ほどかかる事もよくあるのですが、ご覧の通りFXの場合は400円での売買も可能なのですね。つまりそれがこの商品の、特徴の1つと言えるでしょう。
またFXの会社によっては、たとえランドでも100枚で売買を行う事ができます。しかしちょっとその会社の場合はルールが特殊で、100円からの売買になるのですね。
どちらにしてもこの外貨を用いる商品は、少なくとも不動産物件を用いる商品に比べれば、かなり必要な資金が少なめになっている事だけは確実でしょう。ある意味それは、この外貨を用いる商品の特徴の1つとも言えますね。気軽に始められるのではないでしょうか。

 

 

FXは空売りによる利益獲得が見込める数少ない投資商品の1つ

 

金融の商品は、色々あります。そしてその種類は、非常に多いのですね。
例えば株式投資などは、代表的なものの1つになります。いわゆる株券を購入して、上昇による利益獲得を目指す商品になります。そうかと思えば、MMFという投資商品もあるのですね。いわゆる投資信託に該当するのですが、それも基本的には上昇による利益を目指すことになります。もちろんFXも、投資タイプの商品になるのです。
ところでその投資タイプの商品の多くは、基本的には上昇を目指すことになる傾向があります。前述のように株式投資の場合は、基本的には上昇するかどうかを判断する事になるのですね。MMFも、基本的には上昇に期待する事になります。
ところでその2つの商品は、下落リスクがあるのです。投資をしている対象の物の金額が下がってしまえば、いわゆる損失が発生してしまいます。つまりその2つの商品では、下落によって利益が発生する事が無いのですね。
ただ例外として、前者の株式投資の場合は、信用取引があります。ちょっとハードルが高めな金融商品の1つなのですが、それは下落した時でも利益が発生する事があるのですね。空売りが可能だからです。
このような下落によっての利益が発生する商品は、少数ながら存在します。まず先物取引などでは、空売りは可能です。ですので小豆やオイルなどの価格が下がった時には、利益が発生する事もあります。
そして、FXももちろんその1つになりますね。それは売りから入ることができる商品になりますので、上記の先物と同じく下落によって利益が発生する事もあります。
色々な投資商品を調べてみると分かるのですが、空売りによって利益が発生する商品は案外と少ないです。ほとんどの商品は価格上昇を目指すことになるのですが、FXの場合はたとえ下落が発生しても利益になるのですね。たとえリーマンショックのような出来事があっても、利益になる事があります。
貴重な金融商品の1つと言えるでしょう。

 

 

FXの知識を書籍で読むだけでなくデモなどで実際に触れて理解をする

 

入門書を読んでいる事も非常に多いです。いわゆる参考書のようなものを用いて、その金融商品の基礎事項を学んでいる訳ですね。
ところでその金融商品は、読むだけでは分からない一面もあります。実際に取引画面に触れてみない事には、詳細な情報が今一つピンと来ない事もあるのですね。
例えば書籍に、何か売買のヒントに関する情報が記載されていたとしましょう。問題はその情報を、きちんと理解できるか否かです。実際にシステムに触れてみる方が、その情報を把握できる事が非常に多いのですね。
例えば書籍にて、押し目買いという情報が明記されていたとしましょう。それを頭で理解できたとしても、実際にその売買もやってみない事には、今一つピンとこない一面があるでしょう。百聞は一見にという諺もありますが、本当にその通りだと思います。
また書籍にて、ツールの使い方が記入されていたとしましょう。その際にも、やはり実際に売買をしてみないと分かりづらい一面があるのですね。
つまりFXの書籍を読むだけでは、消化不良に陥ってしまう可能性があるのです。単純に書籍を読むだけで終わりにするのではなく、実際に業者のシステムに触れる事も必要になるでしょう。
それを実行する為には、やはりデモ口座などが一番良いと思います。もちろん実際の本番の口座を用いて売買をしてみる方法もあるのですが、正直それは危険を伴います。実際の自分のお金を動かす事になる訳ですから、多少のリスクが発生するのは確実ですね。しかしデモの口座の場合は、もちろん実際のお金が動く訳ではありません。あくまでも仮想のお金を動かすタイプになるので、目立って大きなリスクが発生する事も無いでしょう。
ただ人によっては、デモ口座では今一つ緊張感に欠けると考えている方もいらっしゃいます。その方の場合、少ない枚数で売買ができる口座を使ってみるのも良いでしょう。少額とはいえ実際のお金が動く訳ですから、緊張感を持てると思います。
つまりFXの書籍は、デモ口座など「実際の口座と併用してみると良い」訳ですね。

金融業界には、色々と専門的な表現があります。その1つが塩漬けです。
塩漬けとは、1つの外貨を長らく保有している状態などを指します。株式投資などでよく用いられる表現なのですが、外貨投資などでもその表現が用いられるケースがしばしばあるのですね。もちろんFXに対しても、それが用いられます。
この外貨の商品での塩漬けの場合は、いわゆる金利狙いのものになるでしょう。超短期的な売買で塩漬けになるケースは、やはり考えづらいですね。短期的なやり方であれば、基本的にはその日の内に決済されるものだからです。
そして人によっては、その塩漬けの売買はあまり好ましくないと思っている事があります。長らく保有していると、それだけ損失が拡大してしまう可能性があるのです。含み損がどんどん拡大してしまえば、口座の資産を圧迫してしまうでしょう。それでだんだんと余力が無くなってしまうのですね。
ところでFXに類似している商品の1つに、オプション取引があります。厳密に申し上げれば、FXの一種ですね。FXと言っても実は色々な種類があるのですが、その中でも「上がるか下がるか」もしくは「レンジの中にいるか外か」等を予想する商品になります。そしてそのオプションの商品の場合は、上記の塩漬けのデメリットが無いのですね。
オプションの場合は、基本的には短期的な売買になります。新規の注文をしてから数時間ほど経過すると、否応無しに決済される事になるからです。このためオプションの場合は、強制的な損切りが発動される事になります。
つまりオプション商品には、長期売買が無いのですね。もちろん塩漬けが発生する事がありませんので、必要以上に損失が拡大する事も無いでしょう。それで自分の資産をある程度安全に保つことができるので、オプション商品はある意味メリットが大きいとも思います。
ただしオプションのFXの場合は、口座を作る時にテストを受けるのです。それに合格しなければなりませんので、若干ハードルが高めな商品ではあります。

続きを読む≫ 2015/07/15 08:52:15

数ヶ月前に、スイスのフランという外貨に対する大きなニュースが報道されました。あの時にフランで売りの注文を仕掛けていた方々は、さぞかし大変だったと思います。わずか数分でとてつもない動きが生じていた訳ですから、あのタイミングでFXの売買をしている方々は、損切りを敢行する事さえできなかったようですね。あれは本当にショッキングな出来事でした。
ところでそれから数ヶ月が経過している訳ですが、私はこの間月足のチャートを見てみた事があります。そしてその動きを見て、その外貨に関する強さを感じたのですね。ちなみに私が見たのは週足でも日足でもなく、月足になります。その足を実際にチャートで見てみると、何となくその強さの意味が分かると思います。
ここ数ヶ月のそのスイスフランの状況なのですが、かなりの勢いで上昇している雰囲気なのですね。確かにショックがあった1月の時には、上の方向に対してかなり長いヒゲが伸びています。そのヒゲの上端は、166円台にもなっているのですね。ちなみに現時点では、134円台を記録しています。
それから数ヶ月間は、ちょっとした下落は発生していました。恐らくあのニュースで、フランに対する不信感のようなものが浮上していたのでしょう。しかし4月に突入してから、その状況は一変しています。とにかく一本調子で伸びているような雰囲気があるのですね。つまり冬の時期はちょっと下落基調だったのですが、春になってからは状況が大きく変わっている事になります。
ちなみにその月足の形は、他の外貨とは全く違う雰囲気ですね。他の外貨の場合はあまり強さを感じない雰囲気があるのですが、スイスの場合はちょっと一味違った底硬さを感じます。
ですのでその外貨で買いの注文を行ってみるのが、悪くないと思いますね。もちろん時には調整の下落が発生する事もあるので、そこだけは気をつけた方が良いでしょう。
しかしあれだけ長いヒゲが伸びている以上は、個人的にフランでFXの注文をする際には、やはり買いが良いと思います。いずれ166円台になっても、不思議はないでしょう。

続きを読む≫ 2015/07/15 08:52:15

FX口座の開設にはお客様は、次の各号に定める基準のすべてを満たす場合に、FXを利用できる口座「本口座といいますが、いつでも開設を申込むことができるものとします。証券総合取引口座を開設していることが条件になる会社もあります。
基本的には満20歳以上80歳未満の個人のお客様であることがルールに入ります。幅広い年代の方が投資を行うことが出来、誰でも投資を行い、設けることができるようになります。また他の条件として日本国内にお住まいであること 等、証券取引約款に定めるインターネットサービスの利用条件に合致することを上げることが出来ます。インターネットを利用した取引を行うことも可能で、近年ではネットのみで取引を行う証券会社もあります。
そして「FX取引ルール」、および「店頭外国為替証拠金取引の契約締結前交付書を確認して手続きを行っていくことをおすすめします。
契約内容を確認し、店頭外国為替証拠金取引の仕組みやリスク、FX取引ルール等について理解してから契約しましょう。自己の判断と責任によりお取引しましょう。「店頭外国為替証拠金取引も出来ます。FXの取引に関する確認書を差し入れてて返信します。投資方針や目的等、および投資資金の性格が、店頭外国為替証拠金取引に異議ないときはそのまま契約になります。FXの投資の際に、大切なことは 十分な年収または金融資産があることを元にします。またいつでも 電話および電子メールにより当社から常に連絡がとれることが必須になりますので固定電話、携帯電話が必要になります。様々なことを確認しつつ正しい投資を行っていきましょう。
また規定として金融先物取引業者の従業員等ではないことを上げることが出来ます。これが後に発覚すればFXの投資を続けていくことができなくなります。
FX口座開設審査基準に基づき口座開設の可否を審査します。審査の結果、会社が口座開設を承諾した方が投資を行うことができるようになります。

続きを読む≫ 2015/07/07 13:11:07

FXにかかる価格等の情報の取得方法又は利用方法が不適切と感じた方は契約解除も検討しましょう。また投資会社もお客様の当社に対する債務については、一部でも履行を遅滞したときにまた投資家が届出事項の変更に係る届出をしなかった時には、契約解除を行うことができるようになります。
また証券会社からの契約解除もあり、この時は残高等を基準とした一定の条件を満たさないとき、(資金不足)になってしまうとアウトです。資金を上手に運用しましょう。
または心身機能の低下等により、証券会社取引の継続が著しく困難又は不可能と当社が判断したときも契約解除を行うことが出来ます。
投資家が仮名取引又や借名取引若しくはその疑いがある取引を行った事を証券会社が判断したときにも契約解除を求められることもあります。柔軟にこのような規定を守り取引を行っていく必要があります。
また申し込み時に注意したいのが口座の開設時に届け出た情報が虚偽又は提出書類が偽の時などです。これは証券会社の判断になりますので、始めの契約時にはしっかりと情報を明記し、間違いなく契約を行っていくことが大切です。
また、証券会社が投資家に対し、本人確認書類の再提示を求めて、投資家がそれに同
意又は承諾されないときにも契約を解除することになります。総合証券取引に関しての理解を含めて考えましょう。
またFXはハッキングなど短時間における連続した取引や、インターバンク市場の混乱を招く取引、等も後に問題になります。スムーズに投資をして稼ぎたいところ、このような規約をしっかり守って投資を続けていきましょう。
サービス利用の制限もあります。
また証券会社がFXを行うことが不適当と判断した場合には、速やかに手続きの解除を行うことになります。
FXに係るサービスの利用を制限等もかけられますので注意しましょう。自由に投資を行っていくことができますが、様々なことに注意して投資を行うことが大切です。

続きを読む≫ 2015/07/07 13:11:07

FX契約の際にはログインできるようにパスワードを設定します。このパスワードの設定は自由です。基本的には投資家のパスワード等又は取引情報等が漏洩しないように、盗用されないように保護されます。もし損害等があればもちろん裁判になるなど重要な問題です。
FXの投資は投資会社に登録されているお客様のログイン、パスワードとお客様が入力されたログイン、パスワード等が一致しない取引が行えなかったことにより生じた損害等に関しても保証されます。
契約時のは約款等において誤解し又は理解不足であったことにより生じた損害等もあります。契約時にはしっかり契約内容を理解することが大前提です。投資会社によっては細かいルールが多く、はじめに理解していないと後に問題になります。
投資家が当社に届け出た情報に変更がありますが、当該変更の内容について投資家から当社にお届けがない、当社がお客様の取引注文を受け付け、若しくは執行しないときには、お預かりした金銭等を返還します。証券会社が提供する情報は、その正確性、完全性及び信頼性の明示の有無もあります。しっかり信頼できるデータを提供している投資会社を探すことが大切です。
損害があると考えられる時には損害等及びその原因の如何を問わず、通信機器、通信回線、商用ネットワーク、コンピュータ等の様々な障害による情報等の伝達遅延、また中断及び欠陥等の状況の如何にかかわらず生じた損害等等もあります。確認しましょう。
また損害では、やむを得ない理由による、当社が本取引に係るサービスを停止し利用しなくなった又は中止したことにより生じた損害等んび関しても再検討する必要があります。
証券会社の信頼度が低いと感じた方は契約の解除を行うことをおすすめします。投資家が期限の利益の喪失事由に該当した場合にも、全ての契約を解除することができるものとしています。投資会社によってきていが異なりますので、しっかり事前に確認しましょう。

続きを読む≫ 2015/07/07 13:11:07
ホーム RSS購読 サイトマップ