オプションタイプのFXのメリットの1つは塩漬け状態

オプションタイプのFXのメリットの1つは塩漬け状態

オプションタイプのFXのメリットの1つは塩漬け状態

オプションタイプのFXのメリットの1つは塩漬け状態

 

金融業界には、色々と専門的な表現があります。その1つが塩漬けです。塩漬けとは、1つの外貨を長らく保有している状態などを指します。株式投資などでよく用いられる表現なのですが、外貨投資などでもその表現が用いられるケースがしばしばあるのですね。もちろんFXに対しても、それが用いられます。

 

この外貨の商品での塩漬けの場合は、いわゆる金利狙いのものになるでしょう。超短期的な売買で塩漬けになるケースは、やはり考えづらいですね。短期的なやり方であれば、基本的にはその日の内に決済されるものだからです。そして人によっては、その塩漬けの売買はあまり好ましくないと思っている事があります。長らく保有していると、それだけ損失が拡大してしまう可能性があるのです。含み損がどんどん拡大してしまえば、口座の資産を圧迫してしまうでしょう。それでだんだんと余力が無くなってしまうのですね。

 

ところでFXに類似している商品の1つに、オプション取引があります。厳密に申し上げれば、FXの一種ですね。FXと言っても実は色々な種類があるのですが、その中でも「上がるか下がるか」もしくは「レンジの中にいるか外か」等を予想する商品になります。そしてそのオプションの商品の場合は、上記の塩漬けのデメリットが無いのですね。オプションの場合は、基本的には短期的な売買になります。新規の注文をしてから数時間ほど経過すると、否応無しに決済される事になるからです。このためオプションの場合は、強制的な損切りが発動される事になります。

 

つまりオプション商品には、長期売買が無いのですね。もちろん塩漬けが発生する事がありませんので、必要以上に損失が拡大する事も無いでしょう。それで自分の資産をある程度安全に保つことができるので、オプション商品はある意味メリットが大きいとも思います。ただしオプションのFXの場合は、口座を作る時にテストを受けるのです。それに合格しなければなりませんので、若干ハードルが高めな商品ではあります。

ホーム RSS購読 サイトマップ